保育士になるには

保育士になるためにはどんな方法があるか説明します。

確認のために、保育士の定義についてなのですが、子供を育てる現場で働くには保育園と幼稚園が主にあります。一見、保育士と幼稚園の先生は一緒と思われていることが多いのですが、実際はまったく違うものなのです。

保育園の保育士になるためにはと、幼稚園の保育士になるためにはでは保育園の場合は問題ありません。しかし、幼稚園の場合は保育士の資格があっても幼稚園で保育士になることはできません。

保育園と幼稚園では管轄しているところが違うからというのは知っていますか?

幼稚園は文部科学省の管轄で「教師」として、保育士は厚生労働省の管轄で「福祉職員」として分けています。

ですから、このサイトのテーマである保育士だけに的を絞って説明することになりますが、
保育士になるには2つの方法が主にあります。

1. 保育士資格試験を受験し、合格すると資格が取得できます。

この資格試験は誰でも受験することが出来るのではなく、受験資格が定められています。
自分が受験資格を満たしているのか保育士協議会のホームページで確認してみると良いでしょう。

2. 保育士の学校を卒業すると保育士の資格が取得できる。

保育を学ぶ大学・短大・専門学校に通学し、卒業時に保育士の資格が取得できる。
高校生ぐらいから保育士になりたいと考えている人は保育士の学校の選択で最も確実に早く保育士になる道だと考えられます。

一般社会人でこれから保育士になりたいと考えるのであれば、保育士資格試験を受験が現実的だと思います。その場合、勉強方法は通信講座が手軽であると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ