保育士の進路を考えている方へ

保育士になるためには2つの進路があります。

1つは学校に通い卒業と同時に保育士の資格を取得する方法
もう1つは2年以上の実務を経験し試験に合格し資格を取得する方法です。

学校以外の進路について詳しく説明します。

保育士になるためにはどんな進路があるか調べてみると、学校に通わなくても保育士になるための進路があることがわかります。
学校に行くにもお金がかかりますし、距離があると通学するのも大変です。

保育士の仕事をお手伝いしながら2年実務経験を積みながら保育士の国家資格に合格するために通信教育を利用して勉強。段階的に試験に合格することで国家資格の保育士になれます。

実際に自分が子供を保育園に預けるようになり、一般社会人から保育士になりたいと進路を考えたとき、福祉の仕事を2年しながら通信教育で勉強して年に1回おこなわれる保育士国家試験にエントーできます。

試験は筆記が8、実務が1つ、これに合格できればいいのですが、全部の合格が得られなくても1科目の合格は3年有効です。
ですから、不合格だった科目を集中して勉強することで次回または次の次で合格できればOKです。
一度はあきらめた方でも保育士になるための進路のチャンスがあるということです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ