保育園で実習する学生

保育園で実習する学生さんが近年非常に多くなってきています。

一昔前では体験することを目的として特に意義について考える必要はありませんでした。

しかし、以前に比べ実習期間が多くなり、保育園での実習内容が評価されるようになってきています。

保育士・幼稚園経論資格取得についても内容が変わりつつあり、通信教育大手の教材ひとつとっても改定が行われています。

これは、保育の現場でいろいろと問題が山積みだということでしょう。

一般社会人の場合、保育園での実習は学校などの教育課程で無い限り難しいと思われます。
中学生でも夏休みや冬休みを利用して保育園の実習が出来ることは社会人にとって見ればとても有意義なことと思います。

せっかく、一般社会人では体験できない保育園の実習が学生さんはできるので、自習期間を何も考えずにポーと過ごすのは、非常にもったいないです。

事前に、保育園の実習のねらいを理解して将来保育士として働くにはどうしたら良いのか仕事内容や子供との接し方、泣いた子供の対応など基礎的なことを勉強しているか、していないかでは実習する質がぜんぜん違うとおもいます。

とはいっても、保育士の基礎知識は簡単に学べるものではありません。そこで役に立てたい意味で、このサイトをご利用いただければ、管理人の私としてはこんなにうれしいことはありません。

学生さんであれば将来、保育園で働くには保育士の資格は必要になります。その場合、専門学校などに入って終了時に自動的に保育士の資格が取得できるのでお金に余裕があるのであれば学校で学ぶことをオススメします。

お金に余裕がないと保育士の資格は取得できないというわけではありません。通信教育で保育士の勉強をして保育士試験を受験する方法もあります。

是非、保育園で実習をされている学生さん、将来立派な保育士なれることを心より願って応援していますので、頑張ってください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ