保育士の資格を試験で受けて取るか、短大に通い自動的に取得するか

通信教育がメインのサイトなので学校で資格を習得する場合のことを最初に簡単に説明します。短大の場合最低でも3年かかることになります。実技についても学べ、保育士・幼稚園教諭の資格をダブルで取得することができます。費用は一般的に年間100万円はかかります。
通信教育で資格を所得する場合を説明します。
働きながら保育士の資格を取得するなら通信教育が現実的です。
通信教育で保育士の資格を取得するには筆記試験を8科目全部に合格し2ヶ月後にある実技試験に合格しなければなりません。
保育士の試験合格率は低いといわれているほど厳しいのが現状のようです。試験内容は8科目別になっており一年に一度しかない保育士の試験なため、8科目全部をいっぺんに合格することも不可能ではないですが、確実に合格するためには一科目ずつじっくり勉強して試験に望んだほうが合格率を高められるようになります。
全科目を合格させる基準としては2年から3年の期間で合格できればいいので、あせらずに勉強することが大切です。
通信教育でも試験勉強を開始して12ヶ月以内の翌年の8月の試験で不合格だった場合。次の翌年の試験まで添削や質問など全ての指導サービスが受けることができる通信教育もあります。通信教育を利用される際は前もって確認しておくと安心です。
通信教育の場合、不安になるのが実技試験ですが、当然通信教育なので実技科目はありません。
でも通信教育の教材の中にあるDVDで実技内容が勉強できます。何度も繰り返し見れるのも通信教育の教材の魅力です。
それでも不安な場合は実技科目を教えてもらえる公開講座に参加することも考えてみてはどうでしょう。だいがく短大や民間でおこなう場合がありますので問い合わせてみると情報が伺えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ