保育士資格取得する方法

保育士資格を取得するにはさまざまな方法があります。取得方法をパターン別に分類しておおよその費用の目安と期間、それについてのメリット、デメリットがまとめられています。参考程度に見てみても通信教育の優位性がうかがえます。

通信制教育

学費目安 40,000円〜300,000円程度
期間 数ヶ月〜2年程度
メリット
  • 学費が安い。
  • すきま時間で勉強できる。 
  • 学んでから就職までの期間が短い。  
デメリット
  • 幼稚園教諭2種免許状などの他の資格は取得できない。
  • 保育士試験に合格しないとならない。

 

四年制大学

学費目安 初年度1,000,000円前後(入学金等を除く)
卒業まで 総額 3,000,000円〜
期間 4年
メリット
  • 保育士資格試験の免除(卒業と同時に資格が取得できる)
  • 幼稚園教諭2種免許状や小学校教諭1種免許も同時に取得できる場合が多い。
  • 保育分野以外のことも学べる。
  • 実習など学校を通してできるので、職に就く前に仕事内容がわかる。そのまま実習先の園に就職できることも。
  • 公立保育園への就職率が高い。
デメリット
  • 就職まで四年かかる。
  • 学費が高い。

 

短期大学

学費目安 初年度1,000,000円前後(入学金等を除く)
期間 2年
メリット
  • 保育士資格試験の免除(卒業と同時に資格が取得できる。)
デメリット
  • 短期で免許を取得するだけあって、カリュキュラムは過密です。土曜も授業がある場合も。

 

専門学校

学費目安 初年度800,000円〜1,000,000円前後(入学金等を除く)
期間 2年〜
メリット
  • 保育士資格試験の免除(卒業と同時に資格が取得できる。)
  • 専門分野を中心としたカリュキュラムなので短大に比べて若干時間に余裕がもてる学校もある。
デメリット
  • 幼稚園教諭2種免許状は専門学校のみでは取得できない。
  • 専門学校の中には、単位を取るだけでは資格を取ることができないところもあります。

 

通信制専門学校、短大

学費目安 初年度400,000円程度(入学金等を除く)
期間 2年〜
メリット
  • 保育士資格試験の免除(卒業と同時に資格が取得できる。)※すべてではありません。
  • 学費が安い。
  • 仕事と両立ができる。 
デメリット
  • 通信制専門学校、短大の中には単位を取るだけでは資格を取ることができないところもあります。

 

保育士の資格取得方法を説明しましたが、通学は時間と費用があれば終了時に資格が習得できます。一方、時間と費用を最小限におさえるなら通信教育で勉強して保育士試験を受験しなければなりません。

当サイトを見られているあなたは通信教育で保育士の資格をとりたいと思っている方だと思うので時間的な制約や通学できない事情があることでしょう。そういった条件でも通信教育は対応できるところが良いですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ