保育士試験による資格所得のメリット

保育士試験に合格して保育士の資格を取得できます。
試験内容は筆記試験と実技試験の二つ
保育士の資格が取れる学校または専門学校ですが、学校または専門学校に行かなくても保育士試験に合格さえすれば資格所得ができます。極端なはなし試験にかかる費用だけで保育士の資格が取得できます。
勉強する期間も学校または専門学校よりも短期間ですむため、独学でも試験は受けられます。科目は8科目あり一回の試験で8科目全部を合格さすることもできますが、一つずつの科目合格有効期間は3年なのでその3年間で全科目を合格させれば実技試験が受けられます。
余裕をもって2年で全科目を合格させることおすすめします。
保育士試験の筆記試験対策
保育士の試験は年に一回なので目標が決めやすいこともメリットとなります。
一年あれば1ヶ月1科目のペースでこなせば無理なく全8科目の勉強ができます。
筆記試験は社会福祉・児童福祉・発達心理学及び精神保健・小児保健・小児栄養・保育原理・教育原理及び養護原理・保育実習理論の8科目。
保育士試験の実技試験対策
実技試験といってもあまり難しく考えず、課題は前もって分かっているので何度も練習をしてクリアできます。実技試験の内容はすぐにできるものではないので、日々の練習が試験当日に失敗することなく試験に望めるコツです。
実技の試験も3分野あり全て合格しなければいけないのではなく、2分野を自分で選択して試験を受けることになります。
実技試験は保育実習実技(音楽・絵画制作・言語の3分野から2分野選択)

サブコンテンツ

このページの先頭へ