保育士試験の受験資格

保育士試験には受験資格があり、だれでも試験が受けられるわけではないので注意が必要です。いろいろな条件はありますが、保育士を目指す方は受験資格にあてはまらなくても実務経験を重ねて保育士試験を受けています。
一応、確認するためにも保育士試験の受験資格は下記の通りです。
(1)大学に2年以上在学して62単位以上修得した方
(2)大学に1年以上在学して、年度中に62単位以上
  修得する見込みがあると学校長に認められた方
(3)短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程を
  卒業した方
(4)平成3年3月31日までの高校卒業者
(5)平成8年3月31日までの高校保育科卒業者
(6)上記(4)(5)以外の方で高校卒業後、
  児童福祉施設等で2年以上の実務経験がある方
(7)児童福祉施設等で5年以上の実務経験がある方
(8)都道府県知事が適当な資格があると認めた
上記をもっと簡単に説明すると高校卒業している方であれば、ほぼ保育士試験の受験資格にあてはまります。詳しい条件は再度上記を確認しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ