保育士試験の合格率について

国家試験である保育士の試験ですが合格率は低いといったところです。
具体的な数字を公表しても意味がないのでご了承願いたいのですが、合格率が低い理由は、筆記試験8科目全てを合格しなければ次の実技試験に進むことができない内容になっているからでしょう。

実技試験は3科目(音楽、絵画制作、言語)から2科目を選択して受験します。

合格するには筆記試験と同じ6割が基準となります。

実技試験に関しては、選択2科目とも6割以上取らなければ合格できません。

実技試験の課題は事前に決まっています。
筆記試験が終了し、実技試験日まで約2ヶ月の期間あるので、あと少し集中して頑張りましょう。

保育士実技試験の合格率

保育士実技試験の合格率は筆記試験に比べ実技試験は非常に合格率が高いとされています。

合格のポイントは応用力です。何度も練習することです。
苦手科目でも練習を反復することで自信が付きます。

どうすれば合格率を上げることができるかは2科目の選択にカギがあります。

3科目すべて合格する必要はありません。
よく考えて得意科目から2科目を選択し、練習しましょう。

保育士試験は決して易しくはないです。

独学で通信講座を利用して勉強する場合でも、過去の問題集を社団法人 全国保育士養成協議会で確認できます。

過去の問題がどのようなかたちで出題されたか確認することも合格率をあげるのに有効ではないでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ