保育士講座で独学する2つのポイント

通信講座を使って独学するには2つのポイントがあります。
「勉強する量」と「教材」選びについて簡単にお話しますね。なお、このホームページを見ている人は通信教育で保育士の勉強をされたいと思っている方だと思うので主に時間に限りがある場合を想定しています。

一つ目の「勉強する量」
子育てがひと段落して時間に余裕がもてるようになった主婦や現在働いていて保育士の勉強をしたいと思っている方でも勉強する量は1日10ページを目安にしましょう。内容が簡単でも、難しくても1日10ページは守ります。なかなか時間をとって勉強するのも大変ですが、すき間時間が5分あれば勉強はできます。無理してでもがんばってすすめましょう。
以外かもしれませんがすき間時間の勉強は短い時間なので集中しやすく、覚えやすいメリットがあります。

このペースで毎日勉強を進めていくと標準学習時間12ヶ月で受講が終わります。
これで、ほぼ保育士の必要な8科目が独学でも勉強できます。

通信講座でも独学する中で解らないことがあるでしょう。そのときは質問できるシステムのサービスを利用します。しかし、質問しても直ぐにその返答があるわけではありませんので、解らないことは質問しておき、学習はスケジュール通り進めていきましょう。

2つ目の「教材」
独学でも通信講座の教材は必要になります。
ここで肝心なのは通信講座の教材の信頼性について説明します。
独学ではついつい勉強にかかる費用は抑えようと考えしましますが、保育士の通信教育の教材は複数の会社によって費用が変われば勉強の内容、テキスト、サポート内容もまちまちです。

やはり、教材の信頼性は資金力ある大手には敵わないのが現状です。経験豊富な講師による質問対応、教材の開発などに力が入ります。これは当然のことだと思います。教材の質を落とせばユーザーはわずかな不満でもあれば、たちまちネットに悪い評判は広がります。

過去の事件で言えば大手英会話学校の記憶は皆さんも知っているかと思います。

ネットではいろいろな口コミや評判の情報が星の数あります、それに惑わされないで、自分で良い教材を選ばなくてはなりません。当サイトで紹介している通信講座はその点でも安心して選べるでしょう。

ひとつの教材では保育士国家試験に独学で合格するのは不安と思うかもしれません。
でも、まずは一度決めた教材は徹底的に使い倒すことではないでしょうか?
これさえできれば他に教材は必要ないと、きっと気づくでしょう。

このページのトップへ